*

スカイ・クロラ

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 書籍・雑誌

読み終えたけど面白いのか面白くないのかよくわからない。

作者は工学とか物理学とかに詳しいのか戦闘機の描写に関してはリアルで(それが正しいのかどうかは僕にはわからないけど)、ドッグファイトのシーンもシンプルな描写ではあるけど(それはそういう主人公の視点で書かれてるから仕方のないこと)美しい描写で、ただこの世界の世界観みたいのは意図的にせよ全く説明がなくて、登場人物たちの会話ややり取りや仕草である程度把握しろよ、みたいな感じではあるけど、じゃあそこを無理してでも理解したいと思えるか、というとあんまりそうも思えないというか、そこ掘り下げても特段面白くなさそう、というか、普通の青春物以外出てくる気配がない、というか、なんとなく微妙。決して嫌いな話じゃないんだけど掘り下げていくと違った方向に行きそうな気がして掘り下げるのに躊躇する感じ。

その全体的な突き放した感じも、この主人公主観で描かれている内容によるものなのか、このシリーズ(この話はシリーズとして4作書かれてる)全体としてこうなのか、作者がこうなのか、それもまだよくわからない。

とりあえず総括すると「よくわからない」ので、これだけで判断するのもどうかと思って、「ナ・バ・テア」も読んでみることにした。これでダメなら諦めます。

コミックスや、今度アニメの映画になるらしいので、ビジュアル化するとまた違うのかな、ちょっと見てみたいです。

スカイ・クロラ (中公文庫)
森 博嗣
中央公論新社
売り上げランキング: 55,171

ad

関連記事

no image

2009年読書振り返り

 2009年は読んだ本のログをとることにした。27作品。今年読んだ本一覧はこちら。 けん(ちゅ〜)さ

記事を読む

no image

yomyom

サッカー経験が無いままフットサルばかり10年やってきて思うのは、なんかどんなに頑張っても子供の頃にサ

記事を読む

no image

『 夜は短し歩けよ乙女 』

非常に狡い内容だと思う。こんな女の子、男性が思うベタな「理想な女性像」じゃん。って思ったの、えっ?俺

記事を読む

no image

『霧(骸骨乗組員)』

 映画としては好き嫌いがハッキリと分かれる『ミスト』。僕は久々に本当にグっと来た大好きな映画で、ST

記事を読む

no image

『 桃 』

久世光彦の『 桃 』、読了しました。 桃をモチーフにした短編集。大正後期から昭和初期を舞台にし

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑