*

愛でもない青春でもない旅立たない

公開日: : 最終更新日:2014/09/16 恋愛, 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌

前に『恋愛の解体と北区の滅亡』を読んで、その絶望的な独り言モードに結構心轢かれ(惹かれるのもどうか)今回も手にとってみました。発刊順番的には逆みたいだけど。

あいかわらず特にストーリーも無い。僕とカノジョとエロカワ女友達と男友達、4人が出てくるだけ。盛り上がりもせず盛り下がりもせず、女友達とセックスする場に至っても肝心なところで冷静になる所為でかえってお互い意識し過ぎになって関係が微妙になり、カノジョが僕のもとを去ってもその心の空白を感じつつもそれが愛だったのかどうかも確信がもてず、五反田のまわりはどんどん地ならしされて城が築き上げられて行く中で、バイトと夢と少女と僕のちんちんがただ単に時間に流されて行く。僕ってこれでいいんだっけ、とか、愛ってなんだろう、とか考えようとするけど瞬きするうちから他のことに気を取られて、結局は何も変わらない。

そしてなんかそのどうしようもなさ加減が丁度鏡見てるくらい自分そのままでいたたまれない。このシンクロ率の高さが凄いイヤなんだけどついつい読んでしまう。

先日同僚と仕事帰りに呑み、まあ周りの結婚話と比較して自分らの身の上の不遇を語り合ったりもしたのですが、あげくに「Kさん、愛ってなんですかね?」とか僕に聞くのは間違いだと思うから辞めた方がいいと思う。魚に「肺呼吸っていいんですかね?」と聞くくらい意味がないから。替わりに誰か詳しい人、「愛ってなんなの」か教えてください。もちろんこの本読んだからってわかったりもしないので。

愛でもない青春でもない旅立たない (講談社文庫)
前田 司郎
講談社
売り上げランキング: 83,914

ad

関連記事

no image

生身の身体で峠を攻める男

これは…詳細はこちら。対向車線飛び出しまくりですが、事故った時の過失割合はどうなるんだろうね。

記事を読む

no image

重ストレス社会

先日「提案したいことがある」というのでとある会社とミーティングをした。今僕が担当しているサービスと同

記事を読む

御殿場高原時之栖のイルミネーションがよくわからないけど凄かった

みなさんは御殿場にある「時之栖」に行ったことありますか? ここは御殿場高原ビールが飲めるところ

記事を読む

no image

素人仕事

画一的な仕事しかしないヤツもしないヤツだけど、仮にも業界最王手がどういうことをするのか考えもしな

記事を読む

母のガラケー契約に付き添ってきて思うこと

正月に帰省したとき、齢70を越えた母が「ケータイが欲しい」と言ってきた。旅行だ町内会だ俳句会だと忙し

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑