*

南紀白浜・熊野・伊勢ツーリング(5日目最終日・伊勢湾フェリー〜浜松でうなぎの巻)

Dsc_9415
5日目、最終日。6時起床。雨はすっかりあがっていて晴れ間が見える。鳥羽の港は昨日の土砂降りで川から流れ込んだ土色の水と海の青い水が混じり合っている。

天気予報は名古屋以東では大雨だそうで、どうも昨日の雨雲がずっと東へ移動中らしい。本当は8時10分のフェリーに乗る予定だったが帰りを急ぎすぎると雨雲に追いついてしまいそうなので一本見送って9時30分のに乗ることにした。なので朝はのんびり、コーヒーを飲みシャワーを浴びる。

Sany0308
8時半チェックアウト。そのまま伊勢湾フェリー乗り場へ。乗船までの間、僕らのバイクを激写してるオッサンがいる。きっと「彼らはハーレーに大荷物をくくり着けて日本一周をしてるに違いない、嗚呼若人よ、自由であれ!」とか勝手にストーリーを作って盛り上がっているに違いない。面白いからニヤニヤにながら眺めていた。

Sany0328
9時半、出航。船にバイクをくくり着けて1時間弱の優雅な船旅。空はキレイな青空。暖かくて海風に当たりながら甲板でひなたぼっこ、気持ちがいい。伊良湖に着いたあとの道順を地図で確認。

10時半、伊良湖到着。国道42号を快走。1車線しかないのでノロいクルマがいるとどうにもならないけど、海沿いの平坦な道は景色もキレイで走っていて楽しい。Rちゃん曰く「なんちゃって北海道」というのも言い得て妙。

Sany0341
12時に浜松到着。この旅の最終目標、うなぎを食す。予定していたお店がなかなか見つけられず猛暑の中走り回りストレス爆発しそうでしたが30分後やっと発見。うなぎ処「新角」。迷わず、いやちょっと迷って特上をオーダー。待っていたらテレビで安倍総理辞任ニュースがやっていた(笑)そんなことよりうなぎの方が大切。で、うなぎ来た。美味い、美味いよ!本当はもっと有り難みを感じつつゆっくり食べるべきだったのに、美味しすぎてあっと言う間に食べてしまった・・・もったいない。

Sany0342
会計。旅の初日、仲間のRちゃんがいきなり2時間遅刻してきたので、冗談で「じゃあ浜松うなぎおごってくれることで勘弁してあげるよ」と言っていたら、なんと本当におごってくれた。女の子に食事をご馳走してもらうなんて僕のプライド的にはアレだけどここは素直に頂いておく。というかだったらもっと高いの食えばよかった!(嘘です、うな重は一番いいの食べたのでこれ以上はありません、ご馳走さまでした)。

13時半出発。途中ちょっと渋滞に捕まりつつ、国道152号から国道1号。磐田で東名に入り、あとは一気に東進。静岡も真ん中過ぎたあたりから途端に雲行きが怪しくなる。鳥羽で会ったあの雨雲だろうか・・・腰が引けてPAやSAにこまめに入ってペースを落とす。曇りがちだったのか気温も一気に下がってきて寒いくらい。上着を着る。

Sany0354
16時くらいに足柄SA。Rちゃんと合流。僕は厚木で降りるのでここでお別れ。いや本当に4泊5日もお疲れさまでした。大きな事故やトラブルもなく終えられてよかった。いやまだ完全には終わってないので家に着くまで気を抜かず帰って欲しいのですが、まずはおつかれ。そしてありがとう。楽しかったよ。地図が読めずUターンが多くてすいませんでした・・・そしてうなぎご馳走さまです。またキャンプツーリング行きましょう!ということでSAのスタッフの人に頼んで最後2ショットを撮影。そしてお見送り。BYE!

Kc360016
厚木で東名を降りる。早めに家に着いたらディーラーにバイクを持って行って調子を見て貰うと思ったけど時間も時間になってきたので諦めてのんびりと。心配した雨にも降られず、最後は奇麗な夕陽をバックに走る。そういえばこの旅の始まりは朝日をバックに走ったな。と思うとちょっと感慨深い。18時半帰宅。荷物を下ろして洗濯物を洗濯機に入れ、ビールをあける。以降記憶途絶。全旅終了。

最後まで読んでくれてありがとうございました。

旅を終えて。
正直出発前、旅の行く末が最初はスゴイ不安だった。基本一人が好き。だからバイクに乗っているというのもあるけど、好きなときに好きなところを走り、気になった風景があればバイクを降りて写真を撮り、疲れたらブーツを脱いで川に足を突っ込み、腹が減っていようと特に食べたい物がないならひたすら走る。そんなペースを良しとしてるので、果たして誰かと一緒に旅をする、まして彼女でもない女の子と5日も一緒に、行ったこともないところに行く、そんなんで大丈夫だろうか、という計画しておいて言うのもなんだよそれ、という感じですが、そういう不安がずっとあった。が結果は予想に反して(ってのも失礼か、すまん)スゴイ楽しかった。もちろんそれは一緒だった仲間によるところが大きいのだろう。旅の先で誰かと何かを共有する、感動もあればイライラもあり、今回の旅は恐怖まで(ある程度)共有することになったけど、それはやっぱりその場に一緒にいるからなし得ることで、blogを読んだだけじゃわからない、なんかその場の雰囲気もろもろを話せる相手がいたことがよかったんだと思う。もちろんバイクを乗ってる間は一人の世界で、その辺とのバランスがよかったのかもしれない、似たもの同士としてお互い察する物があったのかもな、とちょっと思う。まあともかく天候もそれなりでトラブルもなく無事に終えられてよかった。バイクがちょっと異音を出すようになったので今は入院中だけど、戻ってきたらまた走りに行きますよ。つくづくバイク馬鹿だなぁ、と思う今日この頃。

ad

関連記事

壺中庵で誕生日とか一周年とか

昨年に挙式を挙げた壺中庵。当日は奥さまもお色直しとかがあり、お酒も食事もあんまり楽しむ余裕がなかった

記事を読む

no image

大人の階段登りました

つまらないプライドなのか単に気恥ずかしいだけか、今まで出来なったことが今日やっとできるようになりまし

記事を読む

no image

火曜日日記(もしくは、天網恢恢疎にして漏らさず)

眩し過ぎて目が覚める。6時。掛け布団がことごとくベッドから蹴落とされている。 フラフラと起き上

記事を読む

no image

物欲日記 ボーナスで買うもの買わないもの〜ゲーム篇

一般的な会社員として生きているので賞与支給日は人並みに喜ばしい日ではあるのだけど、残念ながら予想より

記事を読む

no image

見頃

 昼飯後に会社のそばの桜並木を散歩。7分咲きくらいかな。  今日は一昨日昨日に比べてちょっと肌寒くて

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑