*

サマーバケーションEP

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記・コラム・つぶやき, 書籍・雑誌

古川日出男の著作は東京のある一地域を細かくなぞるようにストーリーが進む小説が多い気がする。最初に読んだ『サウンドトラック』や『BODY&SOUL』、去年の引っ越しの前後に読んだ『LOVE』そして今回の『サマーバケーションEP』。
いつも読み終えてから「地図を片手に読めばよかった」と思うのだけど、通勤電車の中で本を読むことが多くて本と地図の2冊眺めつつ読むのは難しいので、そう思うだけになっていた。

Svep
今日は外が暑くてとても出歩く気になれなかったので冷房の効いた部屋で本を片手に一昨日読了した『サマーバケーションEP』のストーリーをGoogle Mapにマッピングしてみた。本のタイトルも夏休みだし丁度いいかな、とか。

いつもそうだけど古川日出男の本はストーリーのリズムを掴むまで結構難儀するんだけど、乗り出すと一気に読んでしまう。ルートがだいたいわかるので想像しながら読むのも楽しかったし、夏の匂いを感じながらコミュニケーションをとる「僕」も好き。そう夏はいろんな匂いが溢れてるよね。だから夏にバイク乗るのも楽しいんですよ。

ということで夏休みの自由研究終わり。どれだけ暇なんだよ、というツッコミはなしね。

サマーバケーションEP
サマーバケーションEP

posted with amazlet at 14.09.15
古川 日出男
文藝春秋
売り上げランキング: 245,590

ad

関連記事

no image

スカイ・クロラ

読み終えたけど面白いのか面白くないのかよくわからない。 作者は工学とか物理学とかに詳しいのか戦

記事を読む

no image

冬装備

冬の寒さも本格化してきましたが、真冬でもバイクに乗るドMなアナタに僕からのオススメアイテムをいくつか

記事を読む

no image

ひさしぶりにフットサル

久しぶりにウチのチームの練習試合。会社の人たちとはたまにやるけどそっちはだいぶヌルくて、ウチのは結構

記事を読む

no image

『 高慢と偏見 』

どういう経緯で読もうと思ったのかもう思いだせませんが、年末年始の結構な時間を使って読了しました。

記事を読む

no image

バレエ発表会

昨年末の「美女ナイト in 恵比寿」でも登場した美女、Hさん。スラリとした長身で整った目鼻立ちの顔も

記事を読む

ad

Comment

  1. サマーバケーションEP<古川日出男>−(本:2007年83冊目)−

    サマーバケーションEP
    出版社: 文藝春秋 (2007/03)
    ISBN-10: 4163257209
    評価:84点
    人の顔を憶えられない主人公「僕」が、神田川の源流から海をめざす物語。
    顔を憶えられないといっても、名前と顔が一致しないとか、会ったことを忘れてしまうというわけではなく、……

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑