*

不都合な真実

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 映画・テレビ

7月の台風としては観測史上最強の台風4号が本州を横断中。どうせ外出もできないのでレンタルビデオ屋で何本かチョイス。昨日の夜みたのが『不都合な真実』。

見た感想は、う〜んまあ真実を沢山含んでいるんだろうけどなんかちょっと胡散臭いな、と言う感じでしょうか。CO2排出による地球温暖化と、それに伴う気象変化や海水温上昇、そしてそれに繋がって僕らに実感として現れている氷河溶解、ハリケーン・台風の巨大化・頻出とか、問題としてはかなり重要ではあると思う。
ただどうも話が大げさ過ぎる、というか、アル・ゴアのデータはセンセーショナルな数字ばかり誇張し過ぎてるんじゃないか、という気にはなる。もちろんこういった活動を続けることはとても評価できるが、じゃあアル・ゴアがあの時大統領になっていればアメリカとして今みたいなCO2垂れ流しを抑制できたのか、とか、京都議定書に調印できたのか、というとかなり疑問で、それはアル・ゴア自体も映画中でも認めてるけどアメリカの経済的な問題から議会含め国内のオーソライズが相当困難だろうから。
ただこういった問題は本当に実感できる状況になったころには手遅れではあるので、今の段階で過大に言うしかないんだろうなぁ、とは思う。胡散臭さとのその線引きは難しいなぁ、と思う。

文句を言う前に問題だと思うなら自身で何が出来るか、となると、じゃあエアコン使用しないか、と言えばNOだし、便座暖かいの辞めるか、といえばNOだし、バイク辞めるか、といえばNOだし、今の暮らしの慣れ親しんじゃうとそれを手放すのは人間的に無理だよなぁと思う。そこまでエコロジストになれないから、せいぜいゴミの分別はちゃんとする、とかそれくらい。

と同時にアル・ゴアの言うようにアメリカがカトリーヌが来ようが西ナイル熱が蔓延しようが燃費の悪いSUVばっかり売れたりとかしたりとか、または地球最大の人口を要しながら国としては殆どコントロールが利かなくなって国民全員が自己資産増大だけに目が向いて地球環境なんか目も向けずに段ボール入り肉まんを作ってる中国とかがあの状態である以上、向こう50年は改善に向かうのは難しいでしょうね。日本はちゃんとやってるように見えるけど、ことに気付いて今みたいになったのって戦後も20〜30年経った1970年代の頃だろうし。

と、ここまで書いて映画の中でこう言われてるのを思いだした

What gets us into trouble is not what we don’t konw.

It’s what we know for sure that just ain’t so.

見事当てはまっちゃいましたね。スイマセン。

なんてこの巨大台風で家の窓が暴風雨でガタガタ言うのを見ながらそんなことを考えていました。エアコンを除湿モードにした部屋の中で。まあでもこれを見てどう思うか、実際に活動するのは難しいからそこは問わないので、見て感じたことを教えて欲しいです。『ダーウィンの悪夢』と合わせてね。

不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2010-05-14)
売り上げランキング: 20,386
ダーウィンの悪夢 デラックス版 [DVD]
ジェネオン エンタテインメント (2007-07-06)
売り上げランキング: 15,295

ad

関連記事

no image

『スターシップ・トゥルーパーズ3』が7月19日からロードショー

一概に「好き」と言ってもいろんな「好き」の形があると思う。毎日食べても飽きないラーメンと、死ぬ前に今

記事を読む

no image

『紀元前1万年』

 衝撃のつまらなさ。こんなつまらない映画を見た記憶は過去2回くらいしかない。つまらない理由は「この監

記事を読む

映画『アクト・オブ・キリング』 正気と狂気を隔てる薄い膜

前々から気になっていた映画『アクト・オブ・キリング』 、公開直後に見てきた。 映画の詳

記事を読む

映画『ゼロ・グラヴィティ』のラストシーンが気になっている

昨年末の話しになるけど、久しぶりに劇場で映画を観た。ネット上でも話題になっていた『ゼロ・グラヴィティ

記事を読む

no image

『ミスト』

 ”一番好きな映画”としてあげる人も多い『ショーシャンクの空に』の原作スティーヴン・キング、監督フラ

記事を読む

ad

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ad

  • プロフィール写真
    2003年にブームに乗ってblogを開始、するものの生来の飽きっぽさゆえに、blogを立ち上げては消し、立ち上げては消しを繰り返し、2007年から…。→続きを読む
    follow us in feedly
PAGE TOP ↑